若ハゲの予防と対策について

まだ若いのに髪が薄くなってきた、と悩んでいる方は多いと思います。

今からこれでは将来自分の髪はどうなってしまうのか、という不安もある事でしょう。
ご安心ください!
ショックは大きいと思いますが若い内にできるハゲ、いわゆる若年性脱毛症は改善しやすい症状と言われているんです。
そもそもなぜ若い内から薄毛が進行してしまうのか?
考えられる原因としては、以下の事が挙げられます。

 

皮脂の分泌量が多い

若い頃は汗を大量にかくため皮脂分泌量も多く、頭皮の毛穴に汚れが詰まってしまうという点がまずひとつ挙げられます。
つまりシャンプーなどで汚れを落としきれなかったりなど、不清潔な頭皮状態になってしまう事で抜け毛が多くなってしまうのです。
日頃から正しいケアを行う事が大切ですが、フケや異臭などが異常なほど発生する場合は皮漏性皮膚炎になっているかもしれないので、その際はきちんと皮膚科で見てもらうようにしましょう。

 

栄養不足と血行不良

髪は普段口にしている食生活からも、状態が悪くなる可能性があります。
日頃バランスの偏った食事をしていると、髪のもととなる毛母細胞に必要な栄養素が行き届かず髪の毛の成長を邪魔してしまうのです。

 

またストレス喫煙などで血の巡りが悪くなるのも、栄養が届かなくなる原因となります。
ダイエットのやりすぎも良くないので、注意してくださいね。

 

若ハゲになりやすい方の特徴

  • シャンプーが肌に合っていない
  • シャンプーの仕方が粗い
  • 生活習慣が乱れている
  • 悩みを抱えやすい方

まとめると上記に当てはまる方は、薄毛が進行しやすいとされています。
10代〜20代は、特に仕事も遊びも活発で浮き沈みも激しい時期です。
心当たりのある方は、積極的に予防・対策をしていく事をおすすめします。

 

若ハゲの予防、対策方法について

これは健康などさまざまな分野でも言える事ですが、まず大前提として生活環境を見直す事が若ハゲを予防する上で最も重要となってきます。
食事のバランスは整っていますか?
寝るべき時間(22時〜2時)にしっかり睡眠はとっていますか?
忙しい毎日を送っていると中々難しいかもしれませんが、なるべく生活習慣を正していく事を心掛けるようにしましょう。
食事をする際は、以下の栄養素が含まれた食材を積極的に摂取する事をおすすめします。

  • 大豆食品
  • ビタミンE
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6

(カボチャ、みかん、レバー、牛乳など)

 

育毛剤を用いる

育毛剤は髪を生やすというよりも、育てる働きをしてくれるアイテムです。
つまり今は対して薄毛が進行していなくても、予防として使うのに育毛剤はもってこいの商品のひとつなんです。
長い目で見るとかかる費用も膨大なものになりますが、肌質に適した物さえ選べば必ずあなたの大きな味方となってくれる事でしょう。

 

定期的に髪型を変えたりマッサージを行う

薄毛が気になるとつい伸ばしてしまいがちですが、変に伸ばすとかえって逆効果!
気持ちを明るく保つためにも、定期的に美容室に通い短髪を維持するようにしましょう。
美容師さんに相談してみる事も大切です。
また、自分で頭皮マッサージを行うのも◎
ストレスを抱えると毛穴が固くなってしまうので、定期的に解してあげるといいでしょう。
美容院の中には、ヘッドスパを行ってくれるところもありますよ。

 

禁煙する

喫煙は健康に影響するとされていますが、髪の毛にも悪影響を与えてしまいます。
やめろと言っても中々やめられないのが現状ですが、薄毛が気になり始めたという方はこれを機に禁煙に挑戦してみてはいかがでしょう?
薄毛改善と同時に、体の調子も良くなってくるかもしれませんよ。

 

このように若ハゲを予防、改善していくための策にはさまざまなものがあります。
ヘルメットを頻繁に被るという方は、頭皮とメットの間にきれいなタオルを一枚挟むだけでも違うとか。
どれも気軽に取り組める事ばかりなので、薄毛に悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね。
詳しくはこちらのサイトが参考になります。

 

おすすめの発毛サロンランキングや、病院との違いなどについての情報に興味がある方はトップページをご覧ください。